月別アーカイブ:10月 2019

緑が丘小学校茶道教室

10月3日(木)。

市内の緑が丘小学校での茶道教室でした。

今回は5年生で37名。

「子供達、朝から楽しみにしてるんです」と、先生からお話を伺い、ちょっとプレッシャー。

 

まずは、はじめの挨拶と、青年部から「お茶の木のお話」を◯×クイズで楽しく勉強してもらいました。

教室を移動して、青年部員による略点前のデモンストレーション。

 

 

そのあと、5年生の皆さんにはお茶を点ててもらい、そのお茶をクラスのお友達に飲んでもらいました。

 

お菓子は六花亭の「紅葉煎餅(そぎ種)」「枝豆(洲浜)」。

 

リアルな枝豆に、ビックリしていた5年生。

お茶も「ちょっとにがい」と言いつつ、吸いきって飲んでくれました。

 

 

質問コーナーには、たくさんの楽しい質問が出て盛り上がりました。

・季節ごとのお菓子は何種類あるの?

・お菓子は買ってくるの?

・一回のお茶では何分くらいかかるの?

・足はしびれますか?

・茶筅は何でできているの?

・抹茶にブランドはありますか?

・お茶に合うお菓子は何ですか?

・着物の衿元がVの字になっているのはどうして?

ブランドが気になり始めたお年頃。
お茶は柳桜園の珠の白でした。

 

 

そして、今回はお楽しみがありました。

5年生のみなさんと、給食を一緒に頂きました。

 

「昨日来たら良かったのにー」
昨日は揚げパンだったようです。

「今日はちょっと残念なメニュー」だそうです。

給食を食べながら、いろんなお話をしました。

やっぱり、そういうイメージなんだなーと思ったのが、こちら。

「スマホを持っててビックリした。

もっと、古風な生活をしてる人達だと思った」。

 

着物で車を運転してきた事を言うと、

「歩いてきたのかと思った」。

 

 

給食を一緒に食べて、距離が近づいたみたいで、ここでも質問コーナー。

・お茶を始めたきっかけは何ですか?

・得意なことは何ですか?

・着物は自分で着るの?

・髪も自分でするの?

・楽器したことある?

・どこに住んでるの?

・10月27日に学芸会があるから、見に来てね

5年生、可愛すぎる。

 

お茶に触れてほしい、その一心で、体験していただきました。
来年、6年生に進級して、また茶道教室があります。

最上級生になった皆さんに会えるのが楽しみです。

2019年10月21日|茶の湯体験学習|

第一回表千家青年部研修会

9月29日(日)
第一回表千家青年部研修会が太宰府の九州茶道館にて行われました。

旭川地区青年部からは2名が当選し参加しました。

点心席の掛け紙には博多弁の一言が福岡青年部さんたちによって一枚ずつ言葉を変えて書かれていました。

「福岡どげん?」

「なまらいいべさ!」←北海道弁で「超最高!」の意味です。

箸袋も福岡青年部さんが作ったとか。

初めての九州茶道館。

このレンガのトンネルを抜けると・・・・

茶道館への近道です。

一本だけ紅葉していました。さすがの北海道も、紅葉はまだ先です。

 

 

家元席、福岡青年部席ともに、心に残るお席でした。

お席が終わり、太宰府天満宮の余香殿にて講話、座談会です。

第一回目の研修会開催までのご苦労…、ではなくて、経緯・準備と、すてきな出来事をお話しくださいました。

この感動を地元に戻り部員さんたちにお話しし、第二回青年部研修会に旭川地区から多くの部員さんが参加してほしいと思います。

家元席のお菓子の銘の「千代の友」にちなみ、この青年部研修会に参加された皆さんが、千代の友になりますように。

そして、森先生が講話でお話になったように、小さい輪が大きな輪になるように願っています。

2019年10月1日|青年部|

「岩橋英遠展」呈茶

9月29日(日)。

北海道立旭川美術館にて、「岩橋英遠展」の呈茶を致しました。

青年部からは3名の出席でした。

当日は、旭川ハーフマラソンも開催されており、美術館のある常磐公園は、文化の秋、スポーツの秋に触れる市民の方で賑わいました。

お菓子は六花亭「秋うらら」

 

旭川地区青年部では、毎日部員を募集しております。

趣向を凝らした楽しいお茶会、楽しい学習会、楽しい反省会、楽しい親睦会。

あなたも旭川地区青年部のきれいなお姉さんやすてきなお兄さんになりませんか?

2019年10月1日|茶会|